ままぞう家のまいにち

2歳のむすめを持つアラサー母のドタバタな日常と、時々ハンドメイド

はじめての塩麹作り!

ご覧いただきありがとうございます!

ある日職場で塩麹の話題になり、「使ってみたいけど、どんなものか分からないからなかなか手が出せない」と話していたら、後日先輩から「お試しにどうぞ。」と、1回で使い切れる量の手作り塩麹をいただきました。
(なにより先輩の優しさに感激です。)

そして鳥ササミを塩麹に漬け込んで焼いて食べたのですが、噂通り(むしろそれ以上に)やわらかジューシーに仕上がってびっくり!!

あっという間に塩麹の虜になりました( ˆoˆ )単純

これは常備しておきたい!
ということで、作り方を聞いて塩麹を作ってみました。
作り方は、クックパッドにあったものを参考にしました。

塩麹の作り方

用意するもの
・米麹(乾燥)200g
・塩 60g
・水 400cc
・タッパー


わたしは100円ショップで味噌の保存用タッパーを買いました。

作り方
⑴ こうじをほぐす。(袋のままほぐしました。)
⑵ タッパーにこうじと塩を入れ、よく混ぜ合わせる。
⑶ 水を入れよく混ぜる。
⑷ ふたは密封させないように1ヶ所浮かせて閉める。そのまま常温で置いておく。
⑸ 1日1回よく混ぜる。できあがりの目安はおおよそ1週間ほどで、水分が黄みがかり甘い香りがして、こうじも柔らかくなってきたときです。

できあがったら冷蔵庫に入れ保存。(約6か月間保存可能)
1日1回のかきまぜも不要のようです。
詳しい写真付きの作り方はネットに沢山あるのでそちらをご参考に。(^^)



できあがった塩麹で鶏むね肉を漬け込みました!

30分漬け込んだものと、丸1日漬け込んだものを使ったのですが、30分は漬け込みが浅かったのか、むね肉のパサつきは少し残りました。
それに比べて丸1日漬け込んだむね肉は、とってもジューシーで柔らかくなり、ぱぱさんも大絶賛!

これからは使う前日から漬け込むようにしようと思います(^^)

次は魚を使って塩麹料理をしてみたいです♫


ままぞう家マイホーム計画始動!FPさんの無料相談に行ってみました

ご覧いただきありがとうございます!


ままぞう家マイホーム計画始動!
これから、わたしたちのマイホーム計画について記録も兼ねて綴っていきたいと思います。

はじめに

わたしたちのリアルなマイホーム契約はこれから約2年後ぐらいを予定しています。

だからといって、とりあえず貯金を頑張る、という目標だけでこれからの2年を過ごしてしまうと、いざマイホーム購入!となった時に、本当に納得のいくマイホームが建てられるのか不安になりました。

そこで、今からでもできるマイホーム準備を始動!
最初の一歩は総合住宅展示場へ行ってみるということでした。
(その時の話はこちら
知識ゼロ!具体プランゼロ!の夫婦が総合住宅展示場へ行ってわかったこと - ままぞう家のまいにち

このときは、ほぼノリで見学に行きましたが、今考えると行ってよかったと思っています。

FP無料相談に行くまでの流れ

わたしたちがなぜ、FPさんの無料相談に行くことになったかというと、以前見学に行った総合住宅展示場の事務局の方から「ここでは毎月、予約制でFPとお話しできる時間がありますよ。」と教えてもらったからです。

正直、無料相談というのが胡散臭く感じ、そのときは受け流したのですが、帰宅したあとぱぱさんと話し合った結果、無料だし1回話を聞いてみようということに。
そして、次回の無料相談日に予約をしました。

FP無料相談に行った感想

わたしたちが予約したのは、その日の1番最後の時間でした。
相談できる時間は45分間。
現段階でわかっている、お金の疑問を主に相談しました。

相談内容

おおよその借入可能額はいくらか
ぱぱさんの年収で、おおよそいくらぐらいの借入が可能なのか。
また、借りた場合の毎月の返済額はいくらか、ボーナス払いをする場合としない場合などもおおまかに算出してもらいました。

ローンの組み方
固定金利や変動金利。ローンの種類。
金融機関で違いはあるが、諸経費などもローンに組み込めることなどの話を聞きました。

住宅ローン控除
住宅ローン控除のしくみや条件、リノベーションを考えている場合はどうしたらよいのかなど。
途切れ途切れで話を聞いていたので、詳しくはぱぱさんが聞いてくれました。(←おい)

詳しい家計診断
ここまで一切保険などの勧誘はなく、丁寧にわたしたちの質問や相談に対応してくださいました。
そこで、少しお金のことで踏み込んだ質問をしてみました。その質問というのが、
「わたしたちの現状の収入と支出のバランスをみて、実際どれくらいの金額なら無理なく返していけるか
でした。
返ってきた答えはこうでした。
「より詳しい家計診断は、希望者のみ有料でお受けしてます。例ですが、このような感じです。」

例を見せてもらうと、より詳しい収入・支出が書かれており(想定される今後の支出なども含まれていました)、そこからいくらまでなら住宅ローンを無理なく返せるかという結果が出ていました。
わたし個人としては興味あったのですが、ぱぱさんが必要ないときっぱり断りました。
価格もいくらぐらいなのか聞けずじまいでした(^^;)

感想
FP無料相談を受けた感想は、どちらかといえば行ってよかった、ということです。
前回展示場に行った時に聞けた話が大きく、だいたい重複した内容だったので、どちらかといえば、という表現にしました。
また、有料になる家計診断も必要ならやってもらった方が、より自分の家計に合わせた正確な予算が算出できるのかなと思いました。
わたしは、2年ほど家計簿をつけてきているので、それでまずは自分なりに算出してみようと思います。


いかがでしたでしょうか?
無料相談は、制限や勧誘はつきものだと思います。
しかし、今回の無料相談は、必要ないと感じればきっぱり断ることを前提に行き、必要な情報を手に入れることができました。
無理に有料相談を勧められなかったことも大きいですが、展示場の無料相談に興味がある場合は、無料相談は必ずなにかの勧誘や案内があると思った上で、その時はどうするかを事前に考えて行くといいと思います。

同じ興味を持った方の参考に少しでもなれたら嬉しいです(^_^)

また、同じ境遇の方々、先輩の方々との情報交換もできたらいいなと思っているので、コメントもお待ちしています(o^^o)

むすめを抱いて思うこと〜ままぞうのひとりごと〜



怒涛のように毎日が過ぎ去っていく中で、

ほんの一瞬、

ゆっくり流れていくように感じる時間がたまにある。

その一瞬の間に、ふと、こんなことを思う。


むすめを抱いて保育園へ歩いているとき、

少し前までわたしの肩くらいに頭があったむすめは、
もうわたしの顔の真横にいて、

こうして抱っこする時間は、
あとどれくらい残されているのだろう。

抱くたびにずっしりとしていくむすめの重さを、
こうして体感できるのは、
あとどれくらいなのだろう。


過ぎていく時間の大半は、
そんなことを考える暇も余裕もなく、
ときにはイライラが溜まり過ぎて
自分勝手に怒ってしまうこともある。


それでもこうして、
「抱っこ。」と、手を伸ばしてくる。

そんなむすめが、いずれわたしたちの手から
離れていくときが来ると思うと

急にさみしくなって、
ずっと抱いていたい気持ちになった。


せわしなく過ぎていく毎日だけど
ふとしたときに感じるむすめの存在の大きさ。


日々の自分のあり方を反省しながら、
今のむすめとの時間を大切にしていこうと
改めて感じるのでした。


ままぞうのひとりごと。
最後まで読んでくださりありがとうございました。

ひさしぶりのミサンガ作り

ご覧いただきありがとうございます!

パパさんからリクエストがあり、ひさしぶりにミサンガを編みました。

その名も、ねじねじミサンガ。
超かんたんなミサンガです。

学生時代、マネージャーをやっていたのですが、部員みんなにミサンガを作った日々を思い出しました( ´ ▽ ` )

着け外しするのではなく、ずっと着けていたいと言われたので、水に強いワックスコードで作りました。

実際にわたしも、1年半ほど前からワックスコードで作ったミサンガを足に着けているのですが、毎日つけっぱなしで過ごしているにも関わらず、色褪せたり繊維がでてきてバサバサしてきたりなどの劣化がほとんど見られないのでお気に入りです☺️


これがそのミサンガです。
コードに艶もあり、1年半つけっぱなしとは思えないほど劣化が少ないです。


パパさん用のはこちら⬇︎
長めの紐を4本用意してそれを折り返し、8本で編みました。

気に入ってくれたようで、安心。(^o^)

買ってよかった!ベビー用鼻吸い器

ご覧いただきありがとうございます!

今回は、買ってよかったシリーズ第1弾ということで、ベビー用品の買ってよかったものを紹介したいと思います。
(※この商品買って!という宣伝ではありません。)

わたしが買った鼻吸い器

むすめが生後半年を過ぎたころ、初めて風邪を引きました。
鼻水が拭いても拭いても垂れてきて、鼻の周りの肌も荒れだし、見ていてかわいそうでした。
その時、スポイトタイプの鼻吸い器を持っていたのですがうまく使えず、わたしにとってもむすめにとってもストレスでした。
そこで、新しい鼻吸い器を探すことにしました。

探す時に気にした点は以下です。
・電動で吸ってくれる
・価格が高すぎない
・持ち運び可能

この中でも、持ち運びできるものを必須条件で探しました。(実家帰省時などに持って行けるように)

楽天Amazon西松屋やドラッグストア、近くのベビー用品店、見れるところはほとんど見ました。

そして、最終的に決めたのがこちら⬇︎
【楽天市場】【公式】NEWモデル☆ベビースマイルS-303ボンジュールセット【代引手数料無料】:ベビースマイルショップ

なぜこれにしたかという決め手ですが、当時(2年ほど前) は、持ち運びのできる電動の鼻吸い器の種類がなかったので見つけた瞬間これだ!となりました。(全然参考にならない笑)
今は、いくつかのメーカーが出しているみたいです。

他の商品と比較していないので、ベビースマイルを使用した感想を以下にまとめたのでご参考までに。

ベビースマイルを使った感想

f:id:mamazooo:20190303143159j:plain:w250
たて約20cm
f:id:mamazooo:20190303165900j:plain:w250
直径約4cm

持ち運びしても、そこまで荷物にならないサイズだと思います。充電式ではなく、単三電池2本が必要です。

f:id:mamazooo:20190303212347j:plain:w250
蓋を外すとこうなってます
f:id:mamazooo:20190303212340j:plain:w250
部位ごとに分けるとこんな感じです

細長いタイプのノズルがセットになっている、ボンジュールセットを購入しました。
ネーミングが気になるところですが、こちらのボンジュールノズルさん、とても使い勝手がいいので購入する際はボンジュールセットをオススメします。
蓋から右側が、水洗い可能なパーツです。

使い方は、
① スイッチを入れる。
② ノズルの細長い部分をぎゅっとつまむ。
③ つまんだ状態でノズルの先端を鼻の内側にくっつけるように入れる。
(※突っ込み過ぎないこと)
④ 内側にくっつけた状態でつまんだ指をパッと離す。(離すと同時に少し斜めに傾けると吸いやすいです。)

このようにして吸ってあげると、結構吸えます。
多少の慣れが必要ですが、数回やればコツが掴めると思います。

わたしが感じたメリットデメリット

◎ メリット
・たくさん吸える
・自分に風邪がうつるリスクが減る
・肌荒れしない
・持ち運べるから、旅先で鼻風邪を引いてもこまめに吸ってあげれる


わたしのむすめは、最初は怖がって泣いちゃいましたが、次第に慣れてきて自分から吸ってほしいとアピールしてくるようにまでなりました。(まさかの展開)
どうやら本人もすっきりできるみたいです。
むすめが自分で鼻が噛めるようになるまではとても重宝しました。

△ デメリット
・モーター音が気になる
・電池を替える手間がある
・電池を替えるときのカバーが開けづらい


商品の口コミでは、音はそこまで気にならないと書かれていましたが、正直わたしは気になりました。
しかし、他の商品と比べていないので、これが静かな方なのかどうかは判断できません。(;_;)
個人的には、もう少し静かにならないかな?という感想です。

あとは、電池。これをメリットと取るかデメリットと取るかは人それぞれかと思いますが、わたしがネックに感じるのはカバーです。
電池は、使わないときは取っていれば長持ちすると思うんですが、なんせカバーが素手では開けづらいんです(;o;)
硬貨をマイナスドライバー代わりにして開けると簡単に開きますが、面倒くさがりのわたしにはそれが手間に感じてしまいます。
よって、わたし的にはデメリット寄りかな、という感想です。

総合評価

総合的に判断すると、実際使っていてメリットの方を多く感じたので、ベビースマイルの電動鼻吸い器はおすすめです!
風邪を引いてダラダラでてくる鼻水をたくさん吸ってくれます。
どれにしようかお悩みの方は、こちらの鼻吸い器もご検討されてみてはいかがでしょうか(^^)

【楽天市場】【公式】NEWモデル☆ベビースマイルS-303ボンジュールセット【代引手数料無料】:ベビースマイルショップ


いかがでしたでしょうか?
同じ悩みを抱えているママさんパパさんの参考に少しでもなれたら光栄です。


炊飯器で出来るやわらかサラダチキン!

ご覧いただきありがとうございます!

今回は、ままぞう家定番のサラダチキンのレシピを紹介します。(以前どこかで見かけたレシピなのですが、どこで見たか忘れてしまったので、こちらで紹介させていただきます。)

鶏むね肉は、高タンパク・低脂質・低カロリーで有名ですよね。
ダイエットにも、栄養を摂るにも、そして家計にも協力的な食材です!

やわらかサラダチキンレシピ

<用意するもの>
◼︎ 炊飯器
◼︎ ジッパー付き保存袋
(レンジ可のものが望ましい)
◼︎ 熱湯

<材料>
◼︎ 鶏むね肉:1枚
◼︎ 塩、こしょう:適量

<作り方>
① たっぷりのお湯をぐらっぐらのぼっこぼこになるまで沸かす。(炊飯器に鶏むね肉を入れるので、それが全部浸かるくらいの量です。)
② 沸かしている間に、鶏むね肉に塩・こしょうをまぶす。
③ ジッパー付き保存袋に鶏むね肉を綺麗に広げて入れ、できるだけ空気を抜きながら閉じる。
④ 炊飯器に③を袋のまま入れ、完全に浸かるまで熱湯を注ぎ入れる。
⑤ 保温モードにしてそのまま1時間〜1時間半放置して完成!
(大きめのむね肉を1時間で作った時、真ん中が薄くピンク色だったので、大きいむね肉を使う場合は1時間半ほど放置した方がいいと思います。)

完成したのがこちら

※皮は、剥いで作ってもかまいません。

そのままドレッシングをかけて食べてもよし、野菜とチーズを追加してオーブンで焼いて食べてもよし、サンドイッチにしてもよし。
塩・こしょうを抜いて離乳食用に作ったり、塩・こしょうをクレイジーソルトにして作ったりもできます。

とっても簡単に、売り物のようなやわらかなサラダチキンができるので、ぜひ一度作ってみてはいかがでしょうか?

鶏むね肉の豆知識

鶏むね肉は、ナイアシンが豊富!
ビタミンB1、B2、B6が含まれる食材と一緒に食べると、体内でも合成されさまざまな代謝補酵素として働いてくれます。


知識ゼロ!具体プランゼロ!の夫婦が総合住宅展示場へ行ってわかったこと

ご覧いただきありがとうございます!

題名にある通りわたしたち夫婦は、マイホームに憧れはあるものの、購入に関する知識がほとんどない状態で(購入経験のある友人に話を聞く程度)、さらに家づくりの具体的なプランもなく、マイホーム購入は2〜3年後くらいかなぁ程度のモチベーションでした。

そんな状態で総合住宅展示場へ行ってみてわかったことをまとめてみましたので、わたしたちと同じような境遇で展示場に行こうか迷っている方がいたら、参考程度に読んでいただけると嬉しいです。


展示場へ行こうと決めた理由

そもそもなぜ、住宅展示場へ行くことになったのかというと、

・展示場に興味があった
・時間があった
・現実を知りたかった

これだけです。
それっぽく理由を挙げてみましたが、一言でいうとノリでした。笑(冷やかしではありません。)


最初に向かった場所

展示場に着いてわたしたちが最初に向かった場所は、気になったハウスメーカーのモデルハウスではなく、展示場の「総合案内所」
展示場に行くのも、モデルハウスを見学するのも初めてだったので、まずは総合案内所で展示場のまわり方を教えてもらおうという考えでした。

総合案内所って?

わたしたちが行った展示場では、モデルハウスが建ち並ぶ場所から少し離れたところにあり事務所のような建物でした。
※総合案内所の名称は、展示場によって違うかもしれないので行く前にHPなどで調べておくことをおすすめします。

中に入ると、受付調べ物ができるPC家づくりに関するたくさんの書籍イベント等が開催されるスペースがありました。
わたしたちが行った日はちょうどイベントが行われており、たくさんの家族連れのお客さんで賑わっていました。

案内してくれた方に聞いたところ、わたしたちが行った展示場は、基本的に土日は何らかのイベントが行われているそうです。
また、案内所ではイベント開催のほかに、専属のFPさんや税理士さんに相談できる日を設けたり(予約制)、書籍のレンタル(2週間)もしているとのことでした。

受付

案内所へ入り、奥に受付がありました。
そこで受付の方に初めて来たことを伝えたところ、面談を行うようなテーブル席へ案内されました。

展示場のまわり方を軽く説明してもらえる程度だろうと思っていたのですが、なんと、1時間ほどみっちりお話がありました。

総合案内所での話

一体なにをそこまで話したのだろう?と気になる方のために、ざっくりですがまとめました。

・マイホームを購入する際の心構え
・土地探しについて
・ローンについて
・税金について
・いろいろな制度について


これだけの内容の話を1時間みっちりと聞くことができたのです。

知識ゼロのわたしたちにとって、聞かなくてもよかったと思う話が1つもなく、心底聞いてよかった話ばかりでした。
これから初めて総合住宅展示場へ行こうと考えている方は、まず案内所へ行ってみることをおすすめします!

いざ、モデルハウス巡りへ

案内所の方からの話も終わり、いざモデルハウスへ!
とはいってもこの時点で営業時間が残り1時間半に迫っていたため、この日はモデルハウスを1つだけ見学しようということに。
まず展示場内を1周まわり、好みの外観だったモデルハウスへ入ってみました。(たまたまお互いの好みが一致するという奇跡。笑)

入ってすぐに、パパ好みの客間があり興奮していたので、忘れないように写真に収めておきたいと思い女性スタッフの方に撮影していいか尋ねましたが、撮影は禁止とのことでした。

そんなやりとりをしていると、営業の方が来られ、アンケート記入の為リビングへ案内されました。
そこで自社の特徴やいくつかの施工例等を見せてもらい、わたしたちの好みやこだわり、 建てたい家の広さを聞かれました。
要するに、具体的な家の予算です。

そう、困ったのはここ。
自分たちの具体的な家の予算

これがはっきりしていないので、話を聞いても質問されても、結局そこに行きつき沈黙・・・。
営業の方をとても困らせてしまいました。(もちろん自分たちも困り果てます。笑)
ですので、わたしたちにはまだモデルハウスを見学するのは早かったかな?というのが正直な感想です。

総合住宅展示場へ行ってわかったこと

今回、知識もない、具体的なプランもないわたしたちが総合住宅展示場へ行ってわかったことは、

・まずは案内所へ行き話を聞くこと
・モデルハウスを見学するなら具体的な予算を決めておくこと


です。
この2つは押さえておいたほうが、自分たちのためになると感じました。
とは言っても予算を決めるのは簡単なことではないので、ここでおすすめするのは、総合住宅展示場に行くならまずは案内所で話を聞くことです。

ただし、展示場によって土日限定だったり、予約が必要だったりすると思うので、行かれる前に情報チェックを忘れずに。


いかがでしたでしょうか?
わたしたちのように、マイホームが欲しくてなにか情報を知りたいと思い見学に行く方も多いと思います。
そんな方々が、不安なく見学に行けるきっかけになれたらうれしいです。(^^)